20代でニキビができると10代のようにすぐに治らなくなります。

10代と20代で異なるのは肌の状態で、ニキビができるのは年齢や性別に関係なくホルモンバランスの乱れや生活習慣などによる肌の機能の悪化です。

20代でできるニキビの主な原因に皮脂の毛穴づまりが考えられます。

古い角質が残り毛穴を塞ぎ、皮脂が肌の外にでることができなくなります。

肌が正常な状態であれば28周期という肌のターンオーバーにより古い角質が剥がれて新しい角質が作られますが、年齢と共に肌のターンオーバーの周期が乱れ古くなった角質が肌に残るようになるため、20代でもにきびができやすくなります。

20代のニキビを改善するためには肌のターンオーバーを促し、肌のターンオーバーを正常な状態にすることです。

そのためには必要なことは偏食や暴飲暴食などの食生活に気をつけ、ビタミンを多く食事に取り入れたり、睡眠をしっかりととるなど生活習慣を見直すことが必要です。

それに加えて化粧水などスキンケア製品で肌の働きを助けることも大切なことです。

肌のべたつきも気になる時期でもあり、皮脂対策のための化粧水を使うことも有効です。

活発すぎる皮脂分泌を抑えることで毛穴に詰まった皮脂を分解しやすくする働きがあり、ニキビケアにも良いことです。

にきびや皮脂によるベタつきが気になっても、実は肌が乾燥していることもあります。

皮脂の分泌よりも乾燥やホルモンバランスの乱れが大きく影響することでにきびができやすくなることもあるので、大人にきび専用の化粧水を使うことも良い選択です。

10代のように皮脂のベタつきを気にして皮脂対策のみをしていると肌の乾燥が進んでしまって肌の状態が悪くなこともあります。

化粧水の役割は保湿することですが、洗顔で落としきれない汚れを拭き取る化粧水もあります。

20代は若いので何かを補って肌を改善するというよりも余分な皮脂や汚れなどをしっかり落として保湿することを重視しても良いです。

肌が若いのでターンオーバーは活発ではありますが、汚れた角質などが残って見えない汚れなどは肌の奥に溜まることもあります。
洗顔だけでは落としきれないアイメイクや軽いメイクなどを落とせる拭き取り化粧水を使って汚れを落とすことは、肌の角質も柔らかくしてその後の化粧水の浸透を良くすることができます。


化粧水人気ランキング@20代へおすすめ…調べてみました!

ランキング